読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

からくりサーカスをなぜか読み直したんです

2016年の最後になぜかブログ書いてます。。

会社が12月27日までだったんですが最終日に風邪ひいて、39.5度の熱が出て、1日休んだらあとにゴルフに行ったら見事に声が出なくなって。。

 

大晦日は紅白とガキ使を交互に見ててたまにTwitterしてたら2017年はTwitterのコメントをなるべく返そうかなって思って自分のTwitterのプロフィール見たら、、

 

あ!そういえばマンガブログ書いてないとなって慌てて書いてる感じです。笑

 

余談ですがUUUMは社員が毎月5000円まで書籍補助といって会社が負担して本を読める制度があるんですが、そこに今度から漫画もOKになるとかならないとか。

 

そんな僕が2016年最後に読んだ漫画は からくりサーカス でした。

f:id:kamada_k:20161231230533p:plain

この漫画との出会いは僕が中学生の時で友達から教えてもらったのがきっかけでした。あとになって作者の藤田先生が うしおととら の方とは知りましたが僕の世代では藤田先生との出会いはこちらのからくりサーカスでした。

 

最近はkindleで漫画を日々読み漁ってますが買う漫画は大抵人に聞いたか昔読んだ漫画という感じで今回は後者ですね。

全部で単行本が43巻なんですが海外出張の合間とかにちょこちょこ読んでて最近の体調崩し時にいっきに読了という感じでした。

 

僕の近況はこんなもんにして少しだけ漫画の中の話しします。

 

この漫画は偶然出会った3人の主人公によって成り立ってます。

 

才賀勝 (マサル)

f:id:kamada_k:20161231235537j:plain

 

しろがね 

f:id:kamada_k:20161231235700p:plain

 

加藤鳴海

f:id:kamada_k:20161231235749p:plain

  

この3人なんですが、1巻とか読んでると偶然の出会いですが30巻くらい読んでると必然だったんだたと感じます。

 

主人公はマサルなんだよな?って読んでるといろんな人の人生の描写になり、しかも世代が何世代も跨いで現代にまで話が複雑に交差します。

最初が勝の幕でそこから本編スタートという感じでしょうか。

勝(マサル)は大企業の社長とその愛人の間にできた子供ですが、なぜか180億の財産をすべて亡くなった社長は他の兄弟でもなくて勝に継ぐという遺言を残しており、そこから財産をめぐった争いがはじまります。(まさしく勝の幕ですね)

そこに至るまでに偶然遊園地で出逢った鳴海兄ちゃん(加藤鳴海)と勝を守るように教育されてきたしろがねとの3人でなんとか戦い抜くという感じです。

 

f:id:kamada_k:20170101000606p:plain

f:id:kamada_k:20170101000913p:plain

f:id:kamada_k:20170101000939p:plain

f:id:kamada_k:20170101000649p:plain

f:id:kamada_k:20170101000654p:plain

 

f:id:kamada_k:20170101001119p:plain

f:id:kamada_k:20170101001204p:plain

 

f:id:kamada_k:20170101001302p:plain

f:id:kamada_k:20170101001332p:plain

というかんじです。

ちなみでここまででまだ3巻です。(濃いです)

 

余談ですが僕がはじめてやったゲームはドラクエⅤなんですが、主人公の自分が父親のパパスと旅をして、途中でパパスが死んじゃって、そのあとに自分が幼馴染か道中知り合ったお嬢様のどちらかと結婚するストーリーで、お!当然自分が主人公だしと思って伝説の装備を使おうとしたら使えなくって、、まじ?!と思ったら奴隷になったら石化したりで、何年もして自分の子供が助けてくれて、その子供が伝説の装備使えちゃうという、親子3世代の壮大なRPGなんですが、多分それを超える世代が絡む見事なストーリーです。

 

藤田先生の描写の特徴はあとでもちろん、うしおととらも読みましたが、人が一生懸命に生きる、生きたいと思うところが見事に描かれてると思います。

 一言でワキ役なキャラが殉職していくシーンであったとしても、それまでにそのキャラの人生、生き様が本当に短いページ数で濃厚に描かれてます。

 

このからくりサーカスは、タイトルから、序盤は「からくり」と「サーカス」に大きく主人公と背景が異なります。

 

大きな流れは、自動人形(オートマータ)と呼ばれるものを破壊する人種(しろがね)との戦いなので、「からくり」は自動人形ができるまでとその後、「サーカス」は文字通りマサルがサーカス団を結成し成長していく中で、途中からは物語が交差していくんです。

 

僕は漫画を読むのは好きで人にも読んでほしいからというのもあってブログを書いてる立場ですが、これがなかなかネタバレしそうでこれ以上が書けません。笑

 

でも、このからくりサーカスという言葉が物語に与える影響は非常に大きく、上記で僕が書いた内容なんて本当に序の口です。

 

今の時代の漫画は、いろんな伏線があって、最初に出てきた人が途中いなくなって、でも実は、、、みたいなことがある意味当たり前みたいになってますが、2000年より以前の漫画でここまでの物語が存在してることに本当にすごいと思います。

 

ぜひ興味持たれた方は読んで見てください。

絶対に後悔しないと思いますし、少なくとも毎日もっと一生懸命にと思う漫画です。

 

Kindleでのからくりサーカス

f:id:kamada_k:20170101001656p:plain

Amazon CAPTCHA

 

という、本当にヘタな文章で2016年を括りたいと思います。

(書いてる間に年越してました、、)

みなさん、2017年もたまに書きますのでよろしくお願いしますー。