南国少年パプワくんを読みました

みなさんそろそろ夏休みですね。

僕らはU-FES.の準備がいよいよ佳境になってきてます。

 

さて、1ヶ月以上放置してしまったブログを更新しなきゃと思って、、

というか、いろんなマンガを読みまくってるんですがなぜか感想を文字にするのが苦手なんだなと再確認してる毎日です。

 

ちなみにこの1ヶ月で下記マンガ読みました。

・囚人リク(1〜26巻)

・ARMS(1〜22巻)

・マネーの拳(1〜12巻)

・ザ・ファブル(1〜6巻)

サンクチュアリ(1〜12巻)

王様達のヴァイキング(1〜9巻)

・東京喰種:re (7巻)

あまり読む時間がなかったのでこんなもんです。

(もうちょっと頑張りたいと思います)

 

そして今回ご紹介したいマンガはタイトルとおり、こちらです。

 

南国少年パプワくん です!

 

f:id:kamada_k:20160711093856p:plain

みなさんのコメントが聞こえます。

(・・・お前なんでいまさらパプワくんなんだよと)

 

そうです、どうしていまさらなんだという話にはなりますが、どうしても青の一族と赤の一族のくだりが思い出せなくなり、、秘石眼とかもう一度勉強(?)したくなりということを日曜日の夜23時にふと思ったので1時間で読もうと思って頑張った次第です。

 

パプワくんといえばやっぱり個性的なキャラクターが特徴ですよね

 

こちらタンノくん

f:id:kamada_k:20160711094303j:plain

 

こちらはイトウくん

f:id:kamada_k:20160711094438p:plain

 

こちらはかわいいチャッピー

 

f:id:kamada_k:20160711094552j:plain

 

チャッピーは島の外からきたので人の言葉が話せないのです。

パプワくんて一見なんかお笑いマンガだよね?と思う方が多いと思いますが実はパプワくんには何回も感動させられるシーンがあります。

 

たとえば、エンドウくんの回ではこんなシーンが。

f:id:kamada_k:20160711095236p:plain

f:id:kamada_k:20160711095233p:plain

セミの命は短いですから・・・

そんなときにこんなハプニングが・・・

f:id:kamada_k:20160711095225p:plain

f:id:kamada_k:20160711095222p:plain

エンドウくんが!!!

 

f:id:kamada_k:20160711095229p:plain

無事に飛べたあとはやはり・・・

f:id:kamada_k:20160711095219p:plain

なんとも感動的な話です。

 

 

 

それ以外でもシンタローが帰ると決まった時のパプワくんは感動でした。

f:id:kamada_k:20160711095241p:plain

たしかに!いつかっていつなんだ!!!

思わず声がでちゃいますね。 

こうやってみるとパプワくんの背中ってめっちゃ語ってんな。

こういう男になりたいもんです!

 

そんなパプワ島にシンタローの一族(青の一族)が来てからはいっきにストーリーが加速します。そもそも秘石ってなに?秘石眼ってなに?

 

てか、こいつら誰?シンタローが2人?

 

f:id:kamada_k:20160711100502p:plain

青の一族そして赤の一族、パプワくんとシンタロー、そもそもパプワ島ってというのが全部つまった内容ぎっしりの7巻だなーと。

めっちゃネタバレしそうなので続きはぜひマンガで。

 

 

 

 

最後に意味深なシーンでしめたいなと。

f:id:kamada_k:20160711102327p:plain

 

小さいころに読んだマンガを改めて読んでみるといろいろと考えさせられることが多いですね。

また機会があればブログ書きたいと思います。

 

 

パプワくん読みたい方はこちらからで。

http://www.amazon.co.jp/dp/B00BQV96K2